長屋切り離し工事

長屋の切り離しを検討している所も少なくありません。
集合住宅という事もあって、複数の方が住んでいる事になります。

複数の人が絡む工事の場合には、トラブルになる可能性もあるため、十分に注意しなければなりません。
今回は、長屋の切り離し工事について記載してきます。

⇒「約30秒で解体費用の適正価格が分かります

長屋の切り離し工事は全員の同意が必要?

長屋の切り離し工事を行う際には、基本的には所有者全員の同意が必要です。
これは、法律でも定められているため、違反した場合には罰則があります。

共用部分の場合には、所有者の4分の3の同意が必要になります。
たとえ、長屋の両端同士で影響のない切り離し工事だとしても、4分の3以上の同意は必要です。

ただし、解体工事を行う際には、十分に迷惑が掛かる事が想定されます。
全員の同意を取得しておく事が無難でしょう。

長屋の切り離し工事でのトラブル事例

長屋の切り離し工事でのトラブル事例

長屋の切り離し工事では、トラブルになるケースも多くあります。
「所有者の同意を得る事が出来ない」「合意後の反対」「構造的に切り離しが不可」「切り離し後にクレーム」などが挙げられます。

切り離し工事の同意が得られないというトラブルが一番多くあります。
ただ、一旦同意を得られたからと言っても安心は出来ません。

そのため、同意は口頭だけではなく、同意書などにしっかりと記載しておく必要があります。
また、切り離し工事が完了した後も、「話と違う」「建物が歪んだ」などのトラブルになるケースも珍しくありません。

こういったトラブルを避けるためにも、工事の仕様書をしっかりと作成して、同意を得ておくようにしましょう。

長屋の切り離し工事で専門家に依頼をする

長屋の切り離し工事で専門家に依頼をする

長屋の切り離し工事は、解体業者などに依頼すれば問題ありません。
また、その他にも、工事前・工事中・工事後のトラブルなど、様々な問題が想定されます。

交渉などは弁護士のような専門家に依頼するのもひとつの手段と言えます。
費用は掛かる事になりますが、確実に解決できます。

長屋の切り離し工事は早めの準備が必要

長屋の切り離し工事は早めの準備が必要

長屋の切り離し工事を検討している方は、基本的には全員の同意が必要となるため、早めに行動を起こす必要があります。

長屋に住んでいる人達・所有者も切り離し工事を行う前に準備があります。
ある程度の準備が必要となるため、早めに通知をしておかなければ、トラブルになる可能性があります。

⇒「約30秒で解体費用の適正価格が分かります

長屋の切り離し工事のまとめ

近隣トラブルなどの問題もありますが、依頼する解体業者とのトラブルも考えられます。
そのため、長屋の切り離し工事では、業者選びも慎重に行うようにしましょう。

解体業者によっても、価格の他、サービス、提案なども異なります。
そのため、色々な解体業者を見ておくようにしてください。

その際には、無料一括見積もりを利用するのがオススメします。
一括見積もりに登録されている解体業者は、しっかりと審査を行いますので、悪徳業者が登録されている事もありません。

長屋の切り離し工事を検討している方は、利用してみると良いでしょう。

【最大30%安くなる事も!地域の解体工事の適正価格チェックが可能】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事のナコウド」です。

【解体工事のナコウドが良い理由】

  • 簡単30秒で解体工事の適正価格が分かる
  • 独自の審査基準を通った全国の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • トップクラスの見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない

約1分の入力で、あなたの地域の解体工事の最安値をチェックする事が出来ます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事のナコウド

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事のナコウド」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「簡単30秒!解体工事の適正価格をチェックしてみる。