屋根裏にアスベスト

解体工事を行う際に、アスベストの存在というのは必ず考えなくてはなりません。
アスベストという言葉は聞いて事があっても、詳しく知っているという方は少ないと思います。

解体工事を行う際には、アスベストの有無を調べて、もしもアスベストがあれば除去費用が掛かります。
そのアスベストを調べる際の現地調査の際に、屋根裏などは確認しない事がほとんどです。
もしも屋根裏にアスベストがあった場合、追加費用が取られるのではないかと心配している方もいるかもしれません。

当ページでは、屋根裏とアスベストについて記載してきます。

そもそも屋根裏にアスベストってあるの?

アスベストというのは、住宅の場合、基本的には屋根裏には存在しません。
屋根裏の他にも、床下、壁内にも利用されているケースはほとんどありません。

住宅にアスベストが使用されている箇所というのは、瓦、外壁の部分です。
ただし、ほとんどないケースばかりですが、稀に屋根裏などにもアスベストがある場合もありますので注意しなければなりません。

現在ではアスベストの使用が禁止されているため、問題ありません。
しかし、昔に建てた住宅の場合、瓦、外壁にアスベストが使用されている場合がありますので注意しなければなりません。

ビル・工場の場合の屋根裏のアスベストは?

住宅の場合、屋根裏にアスベストが使用されている事はほとんどないと記載しました。
では、ビル・工場の場合はどうなのでしょうか。

大きな建物の場合、屋根・天井裏、壁内などにもアスベストが使用されているケースがあります。
そのため、解体業者に依頼をする際には、必ず調査をしてもらうようにしましょう。

屋根裏のアスベスト除去の費用はどうする?

屋根裏のアスベスト除去の費用

基本的には、アスベストの除去費用というのは、依頼主側が負担する事になります。
しかしながら、屋根裏など調査しておらず、見積もりにも記載していない場合、追加費用の負担分はどうするのかというのは、解体業者によっても異なります。

解体工事を行っている最中、後々にアスベストが見つかった場合の費用の負担はどうするのかというのは、必ず契約の際に確認をしておくようにしてください。
もしも、追加費用の負担が依頼主という事であれば、屋根裏などの多少高くなっても調査してもらうようにするのがオススメです。

また、解体業者によっては、追加費用分は業者側で負担するという所もあります。
そういった解体業者に依頼するのもひとつの手段と言えるでしょう。

屋根裏とアスベストのまとめ

屋根裏とアスベストのまとめ

個人住宅の場合、屋根裏にアスベストが使用されている事はほとんどありません。
しかしながら、確実にないとは言い切れません。

そのため、トラブルを防止するためにも、事前に解体業者側に確認作業する事が必須と言えます。
また、口頭だけではなく、しっかりと書面で確認しておくようにしましょう。

悪徳業者に引っかからないためにも、色々な解体業者と比較検討する事をオススメします。
解体業者によっても、価格はもちろんですが、サービス部分でも悪徳な業者は存在しています。

複数の解体業者を比較する際には、無料一括見積もりの利用をオススメしています。
無料一括見積もりに登録されている業者というのは、しっかりと審査を行いますので、悪徳業者が登録されている事もありません。
無料なので、解体工事を検討している方は、一度試してみると良いでしょう。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。