解体工事の水道代

解体工事を行う際、作業中の粉塵が周囲に舞う上がらないように散水をしながら行うことがほとんどです。

この時、水道は新たに引くわけではなく、既存の水道を使って作業します。
つまり、依頼主の所有の建物に引いてある水道を使用します。

依頼主にとってはわざわざ水道代を止める手続きをしなくても良く、解体業者にとっては近くに水道があるので、すぐに使えるので非常に助かります。
ただ、依頼主は解体工事を業者にお願いする前に、水道の使用については確認をとっておくようにしましょう。

今回は解体工事で使用する水道についてご説明します。

解体工事で使う水道料金の金額と負担対象者

では、水道代は誰が支払うのでしょうか。
依頼主である自分たちが負担するのか、それとも解体業者が負担するのか、依頼主にとっては気になる話だと思います。

また、自分たちが負担するのなら水道代は、どのくらい掛かるのかも気がかりですね。

解体工事の水道代は業者負担が多い

解体工事での水道代の負担対象者については、特に決まりはありません。

中には依頼主負担で、と言われる会社も存在します。
ただ、解体業者が負担してくれる場合が多く、解体業者は工事中の水道料金の請求を業者に来るように、前もって水道局へ申請するようにしています。

施主負担の場合でも解体工事の水道代は1万円以下

もし水道料金が依頼主負担だった場合、依頼主が気になるのは金額ですよね。
工事を終えるまで水道料金がいくらになるのか分からないため、いくら用意しておけば良いのかも分からないですね。

だいたいの負担額ですが、30坪程度の住宅の解体工事であれば、5,000円程度の請求を目安にしておくと良いです。
季節によっては、湿気の多い時期や乾燥する時期、住宅も大きさが様々ですが、水道代として1万円準備しておけば、お釣りが帰ってくるのがほとんどのようです。

解体工事前の手続きで水道は止めないようにしよう

解体工事前の手続きで水道は止めないようにしよう

解体工事で散水をしながら作業をする事は、非常に大切なことです。
散水は水を撒く行為ですが、水撒きをする事で作業中に発生する埃や粉塵の飛散を防ぐ事が出来ます。

埃や粉塵は風で飛ばされやすいので、カラッと晴れた日などに散水なしで解体作業をすると、あっという間に周囲に舞い上がってしまいます。
すると近隣の方の洗濯物や車、窓や壁などに付着して汚してしまい、沢山の方に迷惑を掛けてしまいます。
もしそのまま散水なしで作業を続けていたら、ご近所からクレームが発生して工事をストップしなければならない可能性も出てきます。

もし埃・粉塵の中にアスベストなどの有害物質が含まれていたら大問題です。
こういった事態がないように、解体工事では散水をして十分に湿らせ、埃・粉塵に気を付ながら作業をしなければならないのです。

依頼主が気をつけることは、解体する建物のライフラインを止める際、水道は止めないようにすることです。
おそらく工事開始前に業者からも水道は止めないように、と指示を受けると思いますので、うっかり止めてしまったといった事がないように気を付けましょう。

解体工事で水道が使えない場合はどうなるのか?

解体工事で水道が使えない場合はどうなるのか

先述したように、解体工事では水道の使用はとても重要になってきます。
しかし、空き家で長く使ってない建物や、立地によって水道がないような現場ではどうするのでしょうか。

この時は、仮設の貯水タンクで水を運搬してその水を使用します。
このような場合だと、仮設費用に貯水タンク等の費用を加算されるので、負担は依頼主になってしまいます。
水道が通っていれば抑えられましたが、水道が止まっている場合は上記のようにするという事は覚えておくようにしましょう。

解体工事の水道トラブル

解体工事の水道トラブル

業者には工事以外では、水道や電気などは使用時以外には施錠してもらうようにお願いしておくと良いかもしれません。
インターネットで調べてみると、同じ時期に工事を行っていた他の業者や隣地の方が、無断で水道等を使っていたという事態が発生しているようです。

もし他の業者が無断で使用していたとなると、その業者は悪質な業者の可能性があるでしょう。
勝手に水道を使うというのは窃盗罪にあたる場合もあります。

自分たちの現場でこのような事態が起きたら、すぐにその場面の写真を撮って相手に注意喚起、抗議をしましょう。
また、その後もこのような事が起きないように、施錠は必ずしてもらって作業員以外が使えないようにしてもらうことです。

解体工事を業者にお願いする際、上記のようなことが心配であれば先に業者に相談しておくのも手です。
業者も問題なく工事を終えたいと思っているので、対処はしてもらえると思います。

何事も業者に確認・相談をしながら工事計画を進めることが、工事を無事に終わらせるポイントです。

解体工事の水道まとめ

解体工事の水道まとめ

水道代を負担するのは依頼主なのか解体業者なのか、気になる方は多いでしょう。
おそらく業者は説明してもらえると思いますが、気になる方は解体工事の見積もり依頼をした際に質問してみましょう。

水道代負担の有無は、解体業者を選ぶ際の条件の一つにもなります。
数千円程度のことですが、少しでも費用を抑えたい時は水道代を負担してくれる解体業者を探すと良いでしょう。

業者を探す際には、複数業者で同時に見積もりを取って比較すると分かりやすいです。
そして、さらに業者を一社に絞る際に、業者に水道代の負担対象者を伺って値切り交渉の材料にすれば、さらに節約ができる可能性もありますので、ぜひ試してみてください。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。