古民家の解体

最近、古民家カフェなど古い家屋を利用して、様々な取り組みをされていますね。
みなさんの中には、使っていない古い家屋を解体してしまおうか、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、古民家を解体する際には、まだ使える資源の再利用も検討してみてはどうですか。

今回は、古民家の解体工事についてご紹介いたします。

古民家を解体する時に考えておくこと

これから古民家を解体する方は、解体工事計画を立てる時に検討しておく事や調べておくべき事がいくつかあります。

今でもお住まいの古民家を解体する場合はあまり関係ありませんが、空き家で今後維持していくことが困難な古民家を所有している方は、補助金制度について調べてみましょう。

後ほど説明しますが、地方によっては解体費用を補助してくれる自治体もあります。
自治体の補助等は賢く使い、賢く節約していきましょう。

そもそも古民家とは?

古民家とは

そもそも古民家とは、どのような家屋なのでしょうか。
古民家ブームの今ですが、実は古民家にはハッキリとした定義はありません。

インターネットで調べてみても、「築50年以上経った建物である」と説明されていたり、「築100年以上経った建物である」と説明されたりしているサイトなどがあり、非常に曖昧です。

ただ、見た目の雰囲気で考えるなら、「古い日本の伝統的な建築工法で建てられた建物」という定義がしっくりくるように思えます。
伝統的な建築工法であれば、築50年未満の建物でも「古民家」と呼ばれているようです。

古民家解体には古材買取もある

古民家解体の古材買取

古民家解体を計画する方は、古民家に使われている廃材を買い取ってもらうかどうかを検討してみましょう。

ここで先にお伝えしておきたいのが、残念ながら一概に解体工事費用が安くなるかというと、そういうわけではないという事です。

安くならない理由があります。

買取をしてもらう事でその分の利益は発生しますし、廃棄物の量が減るため廃棄物処分費用も抑えられます。
しかし、買い取ってもらう柱や梁がある場合、解体工事業者はそれらを傷付けないように、慎重に作業を進めなければなりません。

すると、どうしても工事スケジュールを長く取らなければならなくなり、工期、作業員、重機使用の費用などの負担が一気に増えてしまいます。
ですので、たとえ買取で利益を得ても、その分で解体工事費用を節約出来るかというとそういうわけでもないのです。

もし古民家を解体する予定の方で、買取を希望される方は上記の事は、きちんと念頭において計画を立てるようにしましょう。

また、古材を買い取ってもらう場合、価値のある古材が利用されているかどうかが重要になります。
例えば、柱と梁を釘なしで組み上げた日本古来の伝統的な工法を利用した、築80年以上の戦前の古民家なら買取をしてもらう価値は十分にあります。

戦前の古民家は、現在使われている木材とは全く違った太い木材が使われており、それが綺麗な状態で残っているのなら、買取業者に相談しても良いかもしれません。

⇒「約3分で解体費用の適正価格が分かります
※一括見積もりにて複数業者の見積書と比べて平均価格を調べます。

古民家解体費用の相場

古民家解体費用の相場

古民家の解体工事費用の相場は、木造家屋で1坪3万円~5万円程度です。
地域や古民家がある場所、前面道路の広さ、古材買取の有無で少しずつ変化していきます。

例えば、もし狭い道路しかないようだと重機が入らず手作業が主な作業手段になるため、どうしても工期が長くなります。

また、先述したように古材を買い取ってもらう場合だと、古材を傷つけないようにしなければならないので、これも工期を長くしてしまう要因になります。

こういったイレギュラーなことがあると、この相場以上に費用がかかる場合もあります。
ですので、上記の相場はあくまでも目安として覚えておくと良いでしょう。

業者に見積もりを提示されもしこの相場よりも割高になった時は、なぜこの金額なのかをきちんと説明してもらい、納得してから契約するようにしてくださいね。

⇒「約3分で解体費用の適正価格が分かります
※一括見積もりにて複数業者の見積書と比べて平均価格を調べます。

古民家の解体業者選びは見積もりを比較しよう

古民家の解体業者選び

古民家の解体業者選びをする際は、複数の業者から見積もりを取って比較して決めるようにしましょう。
解体業者によって、費用に数十万円の差が出る事も珍しくありません。
そのため、複数の業者と比較する事は非常に重要と言えます。

また、古材を買い取ってもらうかどうか悩んでいる方は、通常の解体工事を行った場合と古材買取を行った場合のふたつの見積もりを、業者にお願いして比較してみると良いでしょう。
おそらく通常の解体工事の方が安くなる場合が多いでしょうが、それでもぜひ自分たちの古民家の古材を再利用して欲しいという方は、古材買取有りの解体工事をお願いしてみると良いと思います。

気になることがあれば事前に解体業者に相談し、不安を解消して工事に臨むことが大切です。
お金の事はしっかりと考えて取り組むようにしましょう。

⇒「一括見積もりで複数の業者と比較してみる。

古民家解体工事に補助金が存在?

古民家解体工事の補助金

古民家解体工事を計画している方は、補助金申請も検討してみましょう。
全ての古民家が該当するわけではありませんが、条件を満たせば補助金を出してもらえる可能性もあります。

ただ、勘違いされている方もいらっしゃるかもしれませんが、この補助金は国が出しているわけではなく、国が自治体に向けて出しているものです。

そのため、地方によっては、個人向けの補助金制度自体を設けていない場合もあります。
まずは各自治体に問い合わせて、補助金があるのかどうかを聞いてみてください。

国が地方自治体に向けた空き家再生等推進事業

この補助金制度は、地方の空き家住宅や倒壊のおそれがある危険家屋の除却を行うために国が出した制度で、国は解体費の半分を負担することになっています。

もし解体費用を半額にできれば、解体工事の依頼主にとって非常に助かりますね。
ただ、補助金を出してもらうには様々な条件があり、それを全てクリアしなければなりません。

まず、この制度は空き家を除却することが目的ですので、空き家であること、が重要です。
他にも、建物の老朽化によって倒壊の危険性があると自治体に判断された建物であるかどうか、自治体が定めた年数以上経っている建物であるかどうか、補助金申請者が税金を滞納していないかどうか、など細かい条件が沢山あります。

もし申請が通れば解体工事費用の半分を負担してもらえるので、そう簡単には条件をクリアさせてもらえないようです。
少し面倒ですが、古民家を所有している方は、一度試してみても良いかもしれませんね。

また、補助金は解体工事を終えて、領収書や証明を自治体に提出してからになります。
そのため、依頼主は一度解体工事を全額支払うことになりますので、この点は注意しておきましょう。

古民家は解体してリノベーションも可能

古民家は解体してリノベーション

建物を解体する際、全て取り壊して更地にしてしまうイメージがあると思います。
古民家を解体する際には、リノベーションも検討してみてはいかがでしょうか。

リノベーションは、古い建物の機能や価値を再生するために改修工事を行うことです。
つまり、古民家の良さを生かしながら、現代の生活に合った建物様式に変えることをリノベーションと言います。

古民家をリノベーションをする場合、どうしても利用できない部分は部分的に解体し、残しておきたいところは残して改修工事でその部分を生かした造りに変えていきます。

こうすることで、古民家のメリットである風通しの良さや木材の強度、趣のあるデザインが生かされながらも現代のライフスタイルに合った生活ができるようになります。

古民家ブームの現在ではこういった方法を利用して古民家生活を堪能している方もいます。
古民家暮らしに憧れる方は、この機会に考えてみても良いかもしれませんね。

⇒「約3分で解体費用の適正価格が分かります
※一括見積もりにて複数業者の見積書と比べて平均価格を調べます。

古民家の解体まとめ

先ほども記載しましたが、古民家を解体する際には、費用を安くするためにも、複数の業者と比較検討する事をオススメしています。
また、解体工事の業界にも、悪徳業者が存在しており、変な業者に当たるとトラブルになります。

不法投棄や違法工事を行う解体業者に当たらないためにも、複数の業者と比較する事は重要です。
無料一括見積もりを利用すると、簡単に比べる事が出来ます。
また、見積もり後の解体業者への断り代行などもしてもらえます。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。