解体工事と品質管理

解体工事計画を立てる際、まずは業者選びをしなければなりません。
業者を選ぶポイントは何でしょうか。
工事を依頼する皆さんは、費用面を最も重視する方がほとんどだと思います。

ですが、費用ばかりに目が行き、他のポイントをおろそかにしてはいませんか?
解体工事を業者に依頼する上で気にしておくべき点は、工事の「品質管理」です。

今回は「解体工事の品質管理」についてご説明いたします。

解体工事での徹底した品質管理とは?

解体工事では、工事の品質管理をしっかりと行った業者を選ぶ方が良いでしょう。
では、そもそも解体工事での徹底した品質管理とはどのようなものか分かりますか?

解体工事に限らず工事を行う際、現場はどのような状況である事が望ましいでしょうか。
まともな養生もせず、廃棄物も適当に放っており、近隣の土地を勝手に使っている状況ですか?
もちろん違いますね。

工事作業をする業者には、作業だけでなく現場を綺麗な状態に保ち、勝手な行動をしないようにしてもらうことが大切です。
当たり前のことですが、建設業界ではそれが出来ない業者も中にはいます。

品質管理は、そういった現場保持や近隣への配慮のことを言います。
もし適当に管理されている点があれば、万が一の事故やトラブル、クレームになりかねません。

これから業者選びをされる方は、品質管理のことも頭に入れて業者を探すようにしましょう。

解体工事の品質管理の出来ている業者を探すには?

解体工事の品質管理のしっかりしている業者を探すには

では、品質管理の意識が高い業者を探すにはどうしたら良いでしょうか。
まず解体工事業者を探す際、最初から一社に絞らずに複数業者を吟味することです。
一社に絞ってしまうと、その業者の質の良し悪しを判断し辛くなってしまいます。

インターネット内では、解体工事業者の一括見積もりサイトがいくつか存在しています。
その業者は特に良質な業者全国から集めており、そこで気になる業者の見積もりを依頼する事が出来ます。
そういったサイトを利用して、まずは複数の業者の比較から始めましょう。

その後、気になる業者が絞れたら、その業者の工事品質はどうなのかを検討してみるようにしましょう。

実際に工事現場を見せてもらう

解体工事業者の工事品質はどうなのか、きちんとした品質管理が出来ているのかは、実際に動いている現場を見せてもらうのが1番です。
品質管理に自信のある業者であれば、自分たちの近所の現場を紹介してもらえると思いますので、業者に相談してみましょう。

実際に今動いている現場であれば、業者の意識の高さも見定めやすいと思いますので、時間を取れそうな方はぜひ現場見学をしてみてくださいね。

解体工事現場で見るポイントは?

実際に工事現場へ行っても、どこを見て工事品質の高さを判断すれば良いのか分からないかもしれません。
その際のポイントについて幾つかご紹介しますので、そのポイントを中心に見れば判断がしやすいでしょう。

近隣への配慮のための散水は行っているか

解体工事は、取り壊しなどの作業を行うとホコリがまってしまいます。
特に乾燥した日だと、近隣の方にまで迷惑を掛けてしまいかねません。

そうならないために、取り壊し作業を行う時には事前に散水作業を行って、構造物を十分に湿らせてホコリが飛ばないようにします。

散水作業は解体工事を行う上での基本になります。
きちんと作業担当者が付いているのかを確認してみましょう。

養生の様子はどうか

養生も散水と同様、近隣への配慮になります。
散水だけでなく、養生をする事でホコリが近隣へ飛ばないように防ぐ役割をしています。
さらに、構造物を壊す際に出る騒音を外に漏らさないためのガードも担っています。

構造物を囲う足場や養生をきちんと設置しているか、また養生シートは穴や傷のないものを使っているか、隙間などはないかをチェックしておきましょう。

業者が現場以外の場所に無断で入っていないか

質が悪い業者の中には、勝手に近隣の方の水道を使ったり、他人の私有地に勝手に車両を止めたりなどモラルのないことを行う業者も存在します。
候補に挙げている業者はそういった行為をしていないでしょうか。

無断で立ち入ったり、使用することは後々トラブルの元になります。
こういった行為をしていないかどうかも確認しておきましょう。

作業終了後の清掃は行っているか

1日の作業を終えると近隣の道路は土が散乱してどうしても汚くなってしまいます。
解体業者は作業が終えるたら毎回道路の清掃を行い、綺麗な状態にしてから現場を離れるようにしています。

工事を依頼したい業者は清掃はきちんと行えているでしょうか。
もし清掃もせずに放ったらかして帰ってしまっていたら、近隣の方の不満に繋がる恐れがあります。
そういった近隣の方への配慮も怠っていないか、見ておいてくださいね。

整地の状態

工事が終わった現場もあれば、整地の状態も見させてもらうと良いでしょう。
細かいゴミや取り壊した残骸などのガラまで取り除いて、綺麗な状態になっていたら品質管理の意識の高い業者であると言えます。
細かいことですが、最後の状態も綺麗に仕上げてある業者の方が気持ち良いと思いますので、ポイントとして見ておきましょう。

解体工事の品質管理のまとめ

解体工事の品質管理のまとめ

何度も先述していますが、品質管理の高さは解体工事業者の意識の高さに繋がります。
工事品質が高いのは、安全面でもトラブル回避の面でも非常に重要になります。

また、解体工事などの建設工事は、近隣の方は特に神経質になってしまいやすいものです。
近隣の方への配慮が行き届いていないと後々のトラブルに発展し、工事の進捗も遅れてしまいます。

そういったトラブルも予測して防止する事も、品質管理の一つになります。
出来るだけ安い価格で工事をお願いしたいのが依頼主の本音ですが、安全でストレスの少ない工事を心がける意識の高い業者を選ぶように気を付けましょう。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。