解体工事で起こるトラブルについて

解体工事のトラブル

解体工事を行う際には、様々な問題が付きまといます。
解体工事を行っている現場を見た事のある方だと分かると思いますが、特に騒音や臭い、振動などが発生します。
そのため、トラブルになるケースも珍しくはありません。
そういった解体工事のトラブルを知っておくだけでも、事前に対策などを取る事が出来ます。

解体工事のよくあるトラブル事例は?

解体工事のよくあるトラブル事例は下記の通りです。

近隣トラブル

冒頭でも記載しましたが、騒音や臭い、振動はもちろん、人や車の出入りも多くなるため、近隣には必ず迷惑がかかります。
また、近隣の方の物を壊したなんて事も考えられるでしょう。
物損であれば、解体業者が保険に入っていますので、自分に責任が降りかかる事もありません。
しかしながら、騒音や悪臭はどうしようもする事が出来ません。
そのため、事前にしっかりと挨拶をしておく必要があります。
「解体業者の名前」「連絡先」「工事内容」「工期」など、粗品と共に必ず契約前に持っていくようにしましょう。

悪質な業者

解体業者の中には、悪質な業者というが存在しています。
どの業界でも存在しますが、解体工事の場合には金額が大きいために、被害も大きくなります。
工事を下請け業者に丸投げをして、対応が悪いと言った適当な業者もあります。

料金トラブル

一番多いのは料金トラブルで、「相場以上の金額を請求された」「最初の金額から不当な追加請求があった」というようなトラブルを聞きます。
工事中に土の中から出てきた地中障害物の処分費用で追加請求される事もありますが、しっかりとその説明も打ち合わせの際に確認をしておくようにしましょう。
高額な取引なので、大きなトラブルになる可能性も十分に考えられます。

打ち合わせ

打ち合わせとの内容にズレが生じるなどと言ったトラブルもあります。
打ち合わせは担当者と行いますが、多くの人が出入りする事になり、打ち合わせした内容が現場に伝わってなかったという事もトラブルの事例として発生しています。
書面でも確認をする事で、責任の所在がハッキリします。

業者の対応

業者側の対応が悪い場合、自分だけではなく近隣の方にも迷惑がかかる可能性があります。
業者によって作業を行う者、教育方針は異なりますので、業者選びは非常に重要と言えます。
言葉遣いのマナー、たばこの問題なども考えられます。
対応してくれる担当者の質というのも非常に重要と言えるでしょう。

不法投棄

法律違反なので、業者側の責任でもありますが、そういった怪しい業者には解体工事を絶対に依頼してはいけません。
あまりにも見積もり額が安い場合には、疑ってかかった方が良いでしょう。
複数の業者に見積もり依頼をして、おおよその金額を確認しておくようにしてください。

工期

工期のトラブルもあります。
木造住宅2階建て、床面積30~40坪の場合は、10~14日間必要です。
金額が安くても、工期が極端に短い場合には注意が必要となります。
しっかりと工程表を提出してもらうようにしましょう。

⇒「管理人も利用した解体工事の一括見積もりを利用してみる。

解体工事トラブルの相談窓口は?

解体工事トラブルの相談

もしも解体工事にてトラブルになった場合には、相談窓口を知っておかなければなりません。
まず業者に訴えるのは当然ですが、誠実に対応してくれない場合には、専門機関に相談するのが効果的です。

消費生活センター

費用が発生する事なく相談に対応してくれます。
専門の相談員が公正な立場で対応してくれますので、相談してみる価値は十分にあります。
デメリットとしては、絶対に解決できるというわけではないという事です。
消費生活センターで対応できない場合は、費用はかかりますが、法律事務所などに相談するしかありません。

法律事務所

法律の専門家という事で、トラブルが発生した場合、色々と相談に対応してもらえます。
費用は状況によっても異なりますが、安くはないため慎重に事務所を選択する必要があります。
ただし、どうしても解決できない問題の場合には、法律のプロに相談するしかないでしょう。

解体工事の業者選びは最重要

そもそものトラブル回避の一番の最善の策は業者選びです。
優良な業者であればあるほど、万が一トラブルが発生した場合でも誠実に対応してもらえます。

優良業者に依頼するためにも、複数の業者と比べるようにしましょう。
業者によっても価格はもちろんですが、サービスや提案なども異なりますので注意が必要です。
一括見積もりサイトに参加している業者に関しては、厳選な審査を通過した業者なので、複数の業者と比べる際にはオススメと言えます。

⇒「今すぐ解体工事の無料一括見積もりをしたい方はこちら。

ページの先頭へ