解体業者の選び方

解体工事をお願いする時、まずは業者選びから始める方がほとんどだと思います。
この業者選びですが、しっかりと手間ひまをかけて慎重に選ぶことを勧めます。

解体業者だけでなく、建設業界は未だに悪徳業者が多々存在する業界です。
運悪くそんな業者を選んで後悔しないようにしましょう。

当ページでは、解体業者の選び方について記載していきます。

解体業者の選び方~トラブルを避けるには?~

では、解体業者を選び方についてです。
事前にトラブルを避けるために、会社所在地やその業者の工事実績だけでなく、以下の事も確かめた上で工事を依頼しましょう。

許可・登録を保有しているか

解体工事を行うためには、建築業許可証(建築工事業、土木工事業、トビ・土工工事事業、解体工事業のうちの1つを有する)もしくは、解体工事業登録(税込請負金額500万円未満の工事まで)が必要になります。
これは工事を依頼する業者が保有すべき最低条件と言えます。

依頼する業者がこれらを保有しているかどうかは、許可証や登録番号を提示してもらって確認を取りましょう。
それでも不安な時は、都道府県にその業者について問い合わせをすることで、その業者の概要を得る事が出来ます。
この時、登録していない事が発覚した場合は、依頼をやめるようにしましょう。

合法的な工事をするか

合法的な工事とは、廃棄物処理法や建設リサイクル法を順守した状態で解体工事を行っているかどうかという事です。
マニフェストを発行するのか、建設リサイクル法の届け出を行ってくれるのかは最低限確認しておきましょう。

自社で施工するか

解体業者の中には、地域を限定せず全国で工事を請け負っている業者がいます。
全国規模の会社と思って、規模の大きい所なら安心と思う人もいるかもしれませんが、実はこんな業者には注意しないといけません。
中には引き受けた解体工事を地元の業者に下請けさせるだけの業者も存在します。

なぜこう言った業者が要注意かと言うと、お客様との意思疎通が実際に工事をする下請け業者までに伝わり辛く、後で言った言わないともめる原因になりかねません。
そうなると近隣にも悪影響を与える恐れがあります。
また、下請け業者に依頼する事で工事費用が余分に高くなって、依頼する側のお客様が損をしてしまったり、逆に安い見積もりで元請けが引き受けた工事を下請けが無理やり施工した事で、トラブルが発生する可能性も出ます。
依頼する前に、業者に自社施工をしているのかどうかは一言確認を取っておきましょう。

適切な見積書や契約書を発行するか

後ほど説明しますが、安すぎる見積もりを出してきちんとした契約書も発行せずに、工事を請け負う業者には注意してください。
工事内容をはっきりと明記し、工事項目を計上して、それに基づいた根拠のある見積を提示してくれる業者であれば信頼出来るでしょう。
業者選びの段階で、契約書や見積書の形式を見せてもらうようにお願いすれば、それが判断材料にもなります。
こういった書類は交わしてしまうと変更がきかない事が多いので、うやむやにしないようにしましょう。

担当者の対応も見よう

担当者がきちんとした言葉遣いや立ち振る舞いをしているかどうかを観察しましょう。
依頼主の質問にも丁寧に答える姿勢が見られるかどうか、近隣の方への対応などがきちんと出来るかどうかなど、本当に信頼できる担当者かどうかを見極める事が大切です。
何か気になる事や心配事があった際にも相談に乗ってもらえる担当者であれば、工事も安心して任せられるのではないでしょうか。

工事保険に加入している?

工事保険とは、第三者倍賞保険の事です。
この保険は、万が一の事故の際、被害者に十分な賠償金を支払うために欠かせない保険です。
依頼する解体業者がこの工事保険には、会社単位で加入する年間単位の保険、工事現場ごとに加入る保険、重機や車両単位で加入する年間の保険などが代表的です。

業者によっては、保険料を支払いたくないという理由で加入しない業者も多数存在します。
もしもの時のために、保険は必ず入っておくべきですので、担当者に必ず確認を取っておきましょう

適切な支払い条件を提出しているか

適切な支払い条件とは、工事の進捗状況に併せて支払いを求めてくるかどうかです。
工事前の一括払いや工事の進捗よりも支払いを要求する業者には注意しましょう。

企業が傾きかけで資金繰りに困っているか、取り込み詐欺の可能性があるからです。
優良な業者であれば、工事後の一括払いや、工事の進捗状況に沿った分割払いを提案してくれるでしょう。
いずれにせよ、工事に取り掛かってもいないのに金を払え、といった発言をする業者には注意してくださいね。

解体業者の選び方~悪徳業者に要注意~

悪徳業者

業者選びの際に、確かめておくべき項目をご紹介しました。
これらの項目を踏まえた上で最良の業者を選ぶ事は、なかなか頭を使う事でしょう。
せめて、悪徳業者に依頼してしまわないように、彼らの手口についてご説明します。

安すぎる見積もりには要注意

従来の悪徳業者は、依頼主が工事相場を知らない事を良いことに、高額な請求をかけていました。
しかし、最近はインターネットの普及で相場や費用を確認する事が出来るようになったため、この手口は減ってきました。
最近の悪徳業者は、インターネットの普及に伴って手口も変えてきました。

先ほど、安すぎる見積もりを提出する業者には注意するように、と少し説明しました。
その安すぎる見積もりにつられて依頼した場合、依頼主が大きな損害を受ける可能性があります。

追加工事

まず1つ目の有り得る損害が、施工後に追加工事が発生したと言って追加見積もりを出してくる事です。
既に施工後の事ですので、請求を拒めば脅しをかけられる場合もあり、支払わざるを得なくなる状況になります。
安すぎる見積もりかどうかを見極める方法は後ほど説明いたします。

不法投棄

もう1つ有り得る損害が、業者が不法投棄をした事によって受ける罰則です。
安すぎる見積もりを業者が提示してきた場合、正式な産業廃棄物処理費用を見積もりに加わっていない恐れもあります。
それにより、業者は不法投棄をすることによって、その分の利益を取る事が出来ます。
しかし、この不法投棄はもちろん違法になります。

この違法が発覚した場合、業者だけでなく依頼主も「5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金、またはその併科」という非常に重い罰則を受けます。
これは法律が定めた事ですので、依頼主がいくら「知らなかった」と訴えても覆りません。
安すぎる見積もりには本当に気を付けて、慎重になりましょう。

解体業者の選び方~相見積もりは必須~

相見積もり

解体業者を選ぶ際は、初めから1社に絞らずに複数の業者を検討するようにしてください。
1社だけではその見積もりが本当に妥当であるかどうかも判断し辛い事が多いです。
損をしないため、悪徳業者に捕まらないためにも、複数の業者から見積もりの提示を依頼し、相見積もりを取るようにしましょう。

複数社での比較は大切

最近では解体工事を行うお客様の9割以上が、2社以上の業者から見積もりを取り、比較をした上で依頼をしています。
相見積もりは依頼主が良い条件を引き出すために非常に大切なことです。
業者に対して申し訳ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、相見積もりには多くの業者が理解を示しています。
気兼ねなく業者に依頼してみる事をお勧めします。

相見積もりお断り業者かどうか事前確認を

相見積もりに理解を示している業者は多く存在します。
しかし、中には「相見積もりお断り」という姿勢の業者もいます。

これは昔気質の解体業者に多く、「信頼して依頼をしてほしい」という強い意志の表れからこの姿勢を打ち出しています。
見積もりに関しては依頼主と業者のお互いの合意のもと行われるものですので、この姿勢の良し悪しについて言及しません。

ただ、こう言った昔気質の業者も沢山存在する事は知っておくと良いでしょう。
もし依頼検討中の業者が「相見積もりお断り」かどうかを知りたい場合は、見積もりを依頼する際に一言聞いておきましょう。
後々業者と衝突しないためにも大切な相談ですので、怠らないように気をつけてくださいね。

損をしない選び方をしよう

業者選びについて説明してきましたが、いかがでしょうか。
確認事項が多く、面倒に思う人もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、まだまだ自社の利益のみを考えて違法行為をする業者は、残念ながら建設業界には多く存在しています。
そんな業者に運悪く当たってしまった場合、金銭面の損だけでなく、罰則という一生残る損害を被る恐れもあります。

優良な業者を見つける事は、解体工事後も安心して依頼主が過ごすために非常に大切なことです。
安心して任せられる業者と出会うためと思い、業者選びには手間ひまをかけるようにしましょう。

また、相見積もりを行う際には、無料一括見積もりの利用が便利です。
運営会社が登録している解体業者も厳選しているため、変な業者も存在しません。
しっかりとオペレーターが対応してくれますので、沢山の業者から連絡があるという心配もないのも魅力と言えます。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。