アパート解体工事の費用

アパートも一般の家屋と同様、年数が経過すると老朽化します。
オーナーさんによっては、空室も目立ち始めた所でアパートの解体を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アパート解体は、一般の家屋よりも規模が大きいため、綿密な施工計画や適正な安全管理、費用を気にする必要があります。

今回はアパート解体でかかる費用についてや、それをいかにして節約していくかについてご説明します。

アパート解体工事計画は費用を賢く節約しよう

規模の大きいアパートを解体するには、一般の家屋よりも重機の利用が増えたり、工期が長引いてしまうため、どうしても費用がかさんでしまいます。
アパート解体工事を依頼する人にとってみれば、できれば少しでも費用を節約したいですよね?

実は、計画の進め方によっては解体工事費用をうまく節約する事が出来ます。
アパート解体工事についてしっかりと学び、損をしない工事計画を立てましょう。

アパート解体工事費用の相場と内訳

アパート解体工事費用の相場と内訳

まずはアパート解体工事費用の相場と解体工事の内訳を確認しましょう。
アパート解体に必要になる作業は何なのかを学んだ上で、節約方法を考えるようにしてくださいね。

アパート解体工事費用の相場

アパート解体工事費用の相場は、建物の大きさや工事の条件、地域によって変わってきます。
以下にご紹介する相場は、坪数で出しただいたいの目安になります。

坪単価

10坪台:9.9万円/坪
20坪台:3.7万円/坪
30坪台:3.0万円/坪
40坪台:3.4万円/坪
50坪台:3.6万円/坪
60坪台:3.0万円/坪
70坪以上:3.3万円/坪

上記の相場は、見積もりをしてもらった金額と相場が大幅に違う時にどの部分で費用がかかっているか、などを業者に確認する材料として使って頂けたらと思います。
アスベストの除去など、どうしても大きな費用がかかってくるとこの相場以上に掛かってしまいますが、だいたいの相場になりますので参考にしてみてくださいね。

アパート解体工事費用の内訳

内訳に関しても、建物の大きさ、条件などによって変動してきます。
今回はアパート解体工事に必要になる作業や届け出等についてご紹介いたします。

仮設工事

アパートの養生(防災):木造・鉄骨のアパートによって養生の仕方も、費用も変わります。
重機運搬費:建物の大きさやアパートの建つ場所で使う重機も変わります。

解体工事

アパートの解体工事:養生と同様、建物の構造によって費用が変わります。積み込みも費用に含まれます。
同運搬・リサイクル費用:解体で発生した廃棄物は適切に処分されないといけないため、廃棄物を運ぶ4T車などを使用します。

附帯構造物解体処分

土間コンクリート撤去処分:建物以外の外交なども取り壊す場合、こちらに費用が加算されます。
樹木伐採・抜根処分:不要な樹木などがある場合、根っこまで処分しそれを重機で運ぶ作業が必要になります。
石綿(アスベスト)含有廃棄物処理:アスベスト含有の建材が確認された場合、調査費用や除去工事の費用がかかってきます。これは、必ず専門業者へ依頼して行わなければならない作業ですので、どうしても必要な費用になります。

行政、官庁への届け出

リサイクル法の届け出費用:こちらの届け出は、解体工事がはじまる前に誰が行うのかを確認しておきましょう。
整地工事:基礎の解体まで終えたら、土地を綺麗にならす作業をします。もちろん、費用が発生します。

以上がだいたいの内訳になります。
解体工事には様々な作業や届け出が必要になってくることを認識した上で、業者に工事を依頼しましょう。

相見積もりと直接契約でコストダウン

では、相場と内訳をみた上でどのように工事費用を節約すれば良いのでしょうか。

アパートのオーナーを務める方は、解体工事を検討する時に、付き合いのある不動産や工務店に相談する事が多いと言えます。
信頼関係も出来上がっているので、安心してお願いする事が出来ますね。

ですが、実際に解体工事を行っているのはその不動産や工務店ではなく、下請業者に丸投げする場合が殆どです。
そのため、どうしてもその仲介分の費用が高くなってしまいます。
数千万円の解体工事の場合、業者へのマージンが全体の10数%だとすると、数百万円単位で解体費用が掛かります。

解体工事業者と直接交渉をする場合、中間に入る業者へのマージンが無くなるので、その分のコストダウンが期待できます。
つまり、上記の数百万円を節約できる可能性があるという事です。
これはかなり大きな節約になりますね。

また、解体工事に限らず、工事を業者に依頼する場合は、相見積もりを必ずしましょう。
1社のみの見積もりだと、安いのか高いのか把握が難しくなります。
必ず2社以上から見積もりを依頼し、納得のいく金額と信頼感が高い業者へお願いするようにしてください。

業者によっては相見積もりお断りの所もありますので、見積もり依頼する際にその事を確認してから相見積もりを行ってくださいね。
これもちょっとした手間ですが、解体工事の節約のための術になりますので、是非実践しましょう。

自治体の補助金を有効活用しよう

自治体の補助金

解体工事を行う際、補助金制度を受ける事が出来る自治体も存在します。
地域によっては解体費用の半分以上を補填してくれる可能性もあるようです。
制度の適用条件や補助金額、補助金の種類は自治体によって異なりますので、お住まいの市町村や都道府県に問い合わせて上手く活用してくださいね。

老朽危険家屋解体撤去補助金

「老朽危険家屋解体撤去補助金」とは、維持・管理が長いことされずに放置されていたため、老朽化して倒壊の恐れがある建物に対して一部を補填する補助金の事です。
この補助金を実施している自治体には、横須賀市や大牟田市、福岡県久留米市などが存在します。
支給額は自治体によって様々ですが、解体費用の1/5から1/2程度の支給が相場のようです。

都市景観形成地域老朽空き家解体事業補助金

近年の人口減少傾向によって空き家の数が年々増加しています。
雨風にさらされて傷みきってしまった空き家は倒壊の危険性があります。
また、不法侵入や放火といった犯罪の発生率も高くなり、空き家のある地域の治安悪化も心配されます。

そういった空き家対策として「都市景観形成地域老朽空き家解体事業補助金」という制度があります。
これは都市の景観を守るために、老朽化して放置された家屋の解体費用を補助する制度です。
補助金を受けるには、空き家の所有者や相続関係者が解体工事後に景観形成基準を満たす土地の利用をするという条件が求められます。
補助金額は解体費用の1/5から1/2程度です。

建て替え建設費補助金

この「建て替え建設費補助金」は、既存の老朽住宅を取り除き、一定の条件を満たす良質な住宅を建てる施主に解体工事費用や建築費用の一部を補助してくれる制度です。

自治体によって「一定の条件」は異なりますが、大阪市の例をご紹介します。
補助の対象になる条件は、「2戸以上の賃貸住宅を含む共同住宅に建て替えること」です。
この条件での補助内容は、「設計費、解体費等、共同施設整備費(通路・緑地・広場・駐車施設)に要する費用、または大阪市の定める補助基本額のうち、低い方の1/2または2/3を予算の範囲内で補助」になります。
参考元:http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/page/0000115898.html

以上が解体工事の補助金制度の種類になります。
条件が合致すれば、かなりの額を自治体に補ってもらえるので、必ず各自治体に問い合わせをして補助金制度を使えるかどうかを聞いておくようにしましょう。

アパート解体工事費用は経費扱い?

アパート解体工事費用は経費扱い

最後に、今までお話した工事費用とは少し違うお話をします。
アパートを所有するオーナーが気になる点と言えば、この工事費用の取り扱いではないでしょうか。
経費扱いになるかならないかで、オーナーが納める税金額もかなり変わってきます。

これは解体工事をする時の状況にもよります。
解体して整地にした土地を他の人に譲渡するのであれば譲渡の経費になりますし、アパート解体後は賃貸業を廃業して個人所有にする場合は経費扱いが出来ない場合もあります。
これは複雑な話ですが、税理士としっかり話し合いをして取り扱いについて理解しておく必要が有ります。
きちんとした処理をしておかないと税務調査で指摘を受ける場合があります。
知らなかったでは済まされないので、税金関係もオーナーはしっかりと勉強しましょう。

費用の節約しすぎには要注意

相見積もりや直接契約、補助金制度の活用によって解体工事費用の節約が出来る事を理解してもらえましたか?
できる限り損を減らすためにも様々な視線からお金について学ぶことは大切です。

ただ、節約しすぎには注意してくださいね。
特に、相見積もりや直接契約をする際は、質の悪い業者に騙されないように注意してください。
安すぎる見積もりを提示してきたり、細かい内訳を見せてくれない業者は、どこかで工事をごまかす可能性があります。
産業廃棄物処理費用を削り、実際の工事の時に廃棄物を適切に処理せずに不法投棄をする業者は、今でも存在します。

紙で出された費用がいくら安いからと言ってすぐに飛び付かず、まずは疑う事を忘れないようにしましょう。
後々、トラブルに巻き込まれる恐れもありますし、余計な罰金を支払う羽目になる可能性もあります。
節約も大事ですが、解体工事をお願いする業者が本当に信頼出来るのかどうかを見極める事が工事計画を立てる大前提です。
騙されないように気を付けましょう。

また、色々な業者と比べるようにしてください。
複数の解体業者に見積もり依頼をする事で、費用面、サービス面を比べる事が出来ますので、より自分に合った業者を見つける事が出来るようになります。
一括見積もりでは、登録業者も審査されていますので、悪徳業者も存在していないため、解体業者を比較する際にはオススメです。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。