解体の駐車場

建物を解体した後、どのように利用するのかは決まっていますか?
そのまま新築を建てられる方もいらっしゃるでしょうが、全くのノープランの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、建物解体後に駐車場経営して土地を有効活用する方法についてご紹介いたします。

解体後の更地の利用方法はどうしますか?

更地の利用方法には、今回ご紹介する駐車場経営だけでなく、アパート・マンションを建設して賃貸物件にする方法、定期借地として他の人に貸す方法、トランクルームや太陽光発電システムを設置する方法などがあります。

ただ、注意しなければならないのは、安価に始められる土地活用だけではなく、その土地がある地域に合った方法を選ぶことです。
事前にどの方法なら費用対効果が大きいか、よく検討した上で計画を進めましょう。

解体後に駐車場経営をするメリットとデメリット

解体後に駐車場経営をするメリットとデメリット

更地で駐車場経営をする方法は、主に2つの方法があります。
1つはコインパーキングにする方法、もう1つは月極駐車場にする方法です。
どちらの方法にするにしても、費用はもちろん施主負担になります。

コインパーキングの場合は、アスファルトの打設・駐車代金精算機の設置・駐車ロック板の設置・案内看板の設置などの費用が必要で、だいたい100万円からが目安になります。

月極駐車場の場合は、コインパーキングほどの設備は必要ありませんが、アスファルト打設にすると1㎡あたり5,000円前後、砕石にすると1㎡あたり2,000円前後かかります。
他に車止めなども必要です。

メリット

先ほどざっくりと工事・機器設置の費用をご紹介しましたが、アパート経営などと比較すると、かなり手頃な費用に思えるのではないでしょうか。
駐車場経営のメリットは、比較的少ない資金で始められ、失敗してもダメージが小さいことです。
ですが、もし大きな土地で多くの駐車台数が契約できれば、その分の収益は確実に入ります。
収益はそれほど大きくはありませんが、リスクが少ない分安心して始められるのではないでしょうか。

デメリット

デメリットは先述した通り、投資額が少ない分収益も小さいことです。
また、駐車場経営を維持するための管理費や修繕費、年間の固定資産税や駐車場工事のローン返済など出費もたくさんあります。
駐車場の規模にもよりますが、たとえ契約率90%でも実際に手元に残るのは、全体の4割程度になります。

さらに、もし契約者が車放置したまま音信不通になり、代金未納のトラブルなどに発展した場合は弁護士費用がかかる可能性もあります。

大きな収益を期待する方にとっては、少し物足りないかもしれません。

解体工事後の駐車場工事について

解体工事後の駐車場工事

建物解体後、駐車場経営をする事に決められた方が、次に考えなければならないのが駐車場施工ですよね。

駐車場の工事は一体誰にやってもらえば良いのかご存じでしょうか?
また、少しでも費用を安くする方法も知っていますか?
簡単にご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

駐車場施工が出来る解体業者もたくさん存在する

解体工事業者には、コンクリート駐車場であれば駐車場工事を請け負う事が出来る業者は多く存在します。

もしコンクリート駐車場にしようと決められている方は、解体工事をお願いする業者に、駐車場工事も一緒にお願い出来ないかどうかを聞いてみると良いでしょう。

ただし、もしアスファルトの駐車場にしたい場合は、ロードローラーなどの特殊な工事機械と高度な技術が必要になり、コンクリート駐車場と違って工事を行える業者は非常に限られてしまうので注意が必要です。

解体後駐車場にする場合であっても基礎は必ず撤去

解体後駐車場にする場合の基礎撤去

ここで気をつけなければならないのは、解体工事の際の基礎解体です。
解体工事を依頼する方は、極力費用を抑えたいという方がほとんどだと思います。
解体工事費用を浮かせるために、駐車場として使うのにも関わらず、基礎を残しておきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、実はその考え方で安易に計画を進めてはいけません。
下手をすると、法律違反に見なされる可能性もあるからです。

基礎を残すと廃棄物処理法違反になる可能性大

法律違反とは、産業廃棄物の不法投棄です。
建物の基礎は、解体工事を行うことで「産業廃棄物」へと法的解釈が変わります。
そのため、廃棄物処理法では、その廃棄物を解体業者自らが責任を持って処理しなければならないという義務を定めています。

これは、たとえ依頼主の敷地内に残しておく場合でも同じ事が言えます。
たとえ駐車場経営に支障がなくても、基礎を残しておく事で近隣環境に悪影響を及ぼすおそれがあるにも関わらず放置しておくと、不法投棄と見なされて過料を支払わなければならない可能性が出てきます。
残して良いかどうかは、役所で確認を取ってもらえば判断してもらうことも可能です。
しかし、後々トラブルにならないように、全て綺麗に撤去してしまうことをオススメします。

駐車場の解体費用・施工を安くする方法

駐車場の解体費用・施工を安くする方法

駐車場の解体費用・施工を安くする方法は、実はいたってシンプルで、解体工事と駐車場施工を同じ業者に同時にお願いすることです。

同じ業者にお願いする事で、業者は解体工事開始前にあらかじめ駐車場施工まで対応できる重機を現場に運び、そのまま駐車場施工を完成させるまで重機を使用します。
こうすることによって解体工事に使用する重機や運搬トラックの移動にかかる重機回送費が削減され、工事の総額を安く抑える事が出来ます。
重機回送費の相場は、だいたい18,000~30,000円で、その分を安く抑えられます。

解体工事の無料一括見積もりの利用

駐車場の解体工事の費用を安く抑えるために、複数の解体業者と比較する事も重要です。
解体業者によっても、価格というのは数十万円単位で異なります。
ただし、悪徳業者も存在していますので、比較検討する際には注意が必要と言えます。

その際には、無料一括見積もりの利用をオススメしています。
一括見積もりに登録されている解体業者というのは、国家基準の審査を行っているため、変な業者が登録されている事もありません。
優良業者に比較する事が出来ますので、解体工事を検討している方は、試してみると良いでしょう。
もちろん、無料で行う事が出来ます。

解体工事後の駐車場まとめ

駐車場経営は、他の土地活用方法と比べると大きな収益は見込めませんが、副収入でリスクの低いものに挑戦してみたいという方には、始めやすいものかもしれません。

ただ、解体費用だけでなく駐車場施工の出費も掛かってくるので、極力費用を抑えられるようにしっかりと下調べをして計画を立てる事をオススメします。

例えば、解体工事業者を選ぶ際に、駐車場施工まで請け負ってもらえる業者を重点的に探してみれば、業者選びを一度に終えられるし、一緒に施工してもらう事で費用の総額を安くできます。
アスファルト敷設などのような特殊なものでなく、コンクリート駐車場にすると決めておけば業者選びの幅も広がるので、そちらを選択するのはいかがでしょうか。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。