借地と解体

借地に建物を建てて住んでいるという方も中にはいると思います。
土地を返還する際に、建物を解体する事になりますが、この解体費用は誰が負担するのか?
そんな疑問について記載していきます。

借地の建物解体は借地権で定められている

借地をする際には、借地権という法律に基づいて借りる事となります。
この借地権ですが、契約期間が最低30年以上、1度目の更新は20年以上、2度目の更新は10年以上となっており、地主から正当な事由がない限り契約する事は出来ません。

また、通常であれば契約書を作成して、契約書に基づいて「地代」「契約終了時の建物について」など決め事がされています。
借地の契約を更新しない場合には、契約書を事前に確認しておくようにしましょう。

借地の建物の解体費用は誰が負担する?

借地の建物の解体費用は誰が負担する

借地を解体し更地にして返還する場合、解体費用というのは借主が負担する事になります。
基本的には、原状回復で返還する事が義務付けられていますので、借主が負担するのが決められています。

解体費用は安くはありませんので、払いたくないという方もいると思います。
そんな時には、建物の買取請求も検討してみると良いでしょう。

借地の建物を解体せずに買取請求してみる

借地の建物を解体せずに買取請求してみる

借地の上の建物は、地主に買取請求を行う事が出来ます。
買取請求の権利というのは、借地借家法という法律でも定められています。

ただし、この建物の買取請求ですが、契約満了に伴う契約解除のみにしか行う事が出来ません。
そのため、契約期間中に、借主の都合で途中解約した場合、買取請求が出来ないという事になります。

ただし、これは地主との話し合いになりますので、確実に買取をしてもらえるかというと別の話になります。
個人同士でのやり取りで解決しない場合には、弁護士などを立てるというのもひとつの手段です。

借地の建物の解体費用を抑えるために

借地の解体費用を抑えるために

建物の解体を検討している方は、解体業者に依頼をする事になります。
解体業者によっても、解体費用というのは大きく違ってくるため、十分に注意するようにしましょう。

そのため、借地を解体する際に、解体費用を抑える際には、色々な解体業者と比較をするようにしてください。
数十万円の差が出る事も珍しくありません。

ただし、色々な解体業者を比較する際には、注意しなければならない事もあります。
悪徳業者も存在しており、安い価格を提示して、違法工事や不法投棄を行う業者も存在しています。

色々な業者と比較をする際には、無料一括見積もりの利用をオススメします。
一括見積もりに登録されている業者というのは、しっかりと審査を行っているため、悪徳業者が登録されているという事もありません。

無料で行う事が出来ますので、更地の解体を検討している方は、一度試してみる価値はあります。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。