解体工事と散水

解体工事の見積もりを業者から取ると、見積もりの中に「散水」の費用が含まれます。
工事を依頼する方は、出来る限り費用を安く抑えたいと思い、散水の費用を省けないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

解体工事では散水養生は必ずやってもらおう

まず結論を言うと、解体工事の散水費用を省くのはやめてください。

なぜなら、工事で散水を利用することは近隣への心遣いのために役立ってくれるからです
散水がなぜ近隣への心遣いにつながるのか、そもそも散水とはどのような作業かご存知ない方もいらっしゃると思います。

これから散水について詳しくご説明したいと思うので、ご覧ください。

解体工事の散水とは?

解体工事の散水とは

散水とは、解体作業時に近隣への影響が出ないように、粉塵や埃などの発生を抑えるために撒く水のことです。

解体工事は既存の建物を重機や手作業で壊していく作業が多いため、どんなに注意を払っても粉塵や埃が舞ってしまいます。
その埃が風に乗って周囲に撒かれてしまうと、近隣の方の洗濯物や窓などに付着する恐れがあります。
また、埃を吸い込んだ近隣の方が健康被害を受ける可能性も出てきます。

もしそのまま埃を撒き散らしながら工事を進めていると、ご近所からクレームが発生し、工事をストップせざるを得なくなります。
そういったトラブルを発生させないためにも、埃が飛びやすい作業の際には散水をしながら作業することが大切です。

解体工事の散水は義務ではないが国の規定がある

解体工事の散水の規定

散水の大切さについて説明しましたが、実は散水の使用は法律で定められているわけではありません。
ただ、次で説明する国土交通省の「建築物解体工事共通仕様書」には、散水について詳しく指示が書かれており、解体業者はこの仕様書に沿って工事を進めることが規定されています。

業者には「建築物解体工事共通仕様書」の指示を守ってもらおう

では、「建築物解体工事共通仕様書」には散水についてどのような指示が書かれているのでしょうか。
以下は引用です。

粉塵については、特に法的規制はないが、厚生労働省などでは作業者の許容濃度を5mg/㎥としている。特に解体工事で圧搾機等の稼動時は専用の散水設備を近くに設け、直接粉塵発生部に常時散水を行う近隣住民に対する外気中の粉塵許容濃度は一般に0.2mg/㎥以下に抑制する工夫が必要である。
引用元:http://kaitai-takumi.com/qa/1932/

以上が仕様書に指示されている内容です。

再三お伝えしていますが、散水をする理由は近隣へ被害を及ぼさないようにするためです。
これから解体業者を選ぶ方は、国土交通省の「建築物解体工事共通仕様書」の指示をきちんと理解された業者を探すようにしましょう。

アスベストを含む解体工事は散水設備は必須

アスベスト含有建材がある解体工事は散水設備は必須

通常の解体工事で散水を使用することは大切な事ですが、散水を使いながらもっと注意を払わなければならない作業がます。

それはアスベスト除去工事です。
解体をする建造物にアスベスト含有建材が使われていることが判明した時、施主は解体業者とは別にアスベスト除去工事を行う専門業者に依頼をして、細心の注意を払いながら除去工事を行わなければなりません。

アスベスト含有建材を除去する際、十分に建材を湿らせて粉塵を周囲に飛ばさないようにして解体作業を行います。
そのために散水が必要になります。

もし散水を怠ってアスベストが近隣へ撒かれてしまうと大問題になります。
健康そのものに大きな害を与えてしまいますので、最悪の場合は裁判沙汰になり依頼主自身も賠償金等を支払わなければならないといった事にもなりかねません。

アスベスト問題に関しては業界でも問題視するようになっていますので、意識の高い業者がほとんどだと思います。
ですが、今に悪徳業者も根強く生き残っていますので、アスベスト問題への意識が低い業者に引っかからないように気をつけてくださいね。

解体工事の散水まとめ

解体工事の散水まとめ

解体工事に限らず建設工事は、依頼主や業者だけではなく近隣の方も巻き込んでしまいます。

工事を行うとどうしても音も出るし、廃棄物も発生します。
重機や人の出入りも激しくなるため、当事者以上に近隣の方にも大きなストレスが掛かります。

工事の期間が長ければ長いほど、そのストレスも膨れ上がってしまいます。
そういった環境の中でも、近隣の方は容認してくださっています。

依頼主や解体業者は、近隣の方が協力してくださっている事は忘れてはいけません。
解体工事の見積もりの中で養生や散水の費用がかかっているのは、近隣の方に少しでもストレスがかからないようにするための配慮です。

そのため、散水養生の費用を省いてもらうという発想は考えないようにしましょう。
どうしても解体費用をもっと安くしたいと考える方は、複数業者から相見積もりを取るようにしましょう。

相見積もりの結果を比較し、さらに値切りの交渉をする事が見積もりを安くする最善策になると思います。
散水の費用を削るのは見積もり金額を下げる簡単な方法のように思えるかもしれません。

ですが、散水費用は、皆さんがご近所から白い目で見られないようにするための必要経費であると考え、ケチるなど手をつけないようにしてくださいね。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。