区画整理での解体費用

解体工事というのは、家の建て替え、土地の売却、相続などによって行われる事が多いと言えます。
区画整理のため、今の家を解体しなければならないというケースもあります。

思い入れのある土地は立ち退きが必要なのか?
解体費用は誰が負担するのか?

色々な疑問が出てくると思います。
今回は、区画整理の解体の疑問について記載していきます。

区画整理って何?

区画整理というのは、整備が必要な市街地にて、土地の所有者から土地を分けてもらい、道路や公園などの公共施設用地などにあてて整備する事です。

道路の拡張に伴い、引越し、家の解体工事が必要になる場合があります。
その際の解体費用は誰が負担するのでしょうか?

区画整理による解体工事費用の負担

区画整理による解体工事費用の負担

区画整理による解体工事の費用は、立退料として行政が支払いをします。
解体工事単体で支払われるというよりは、現在の家から立ち退きをするための費用全体を補償をしてもらえます。

解体工事の費用はもちろん、新たなる土地、建物を建てる費用、引越し費用なども含まれた金額になりますので、自己負担になるという事はありません。
様々な項目にて細かく支払いが行われるため、損をするという事もないので安心と言えます。

解体費用を含めた立退料というのは、土地の更地に半金、換地処分で全額の支払いが行われます。

そもそも区画整理での解体は応じる必要がある?

区画整理での解体は応じる必要があるのか

区画整理が決定して、立ち退きを要求された場合、その要求に応じる必要はあるのでしょうか。

結論を言うと、行政が行う公共事業という事もあって、強制的に応じる必要がある場合があります。
また、正当な理由がない場合、拒否をし続けると、損害賠償になる可能性もありますので、十分に注意するようにしましょう。

区画整理での解体費用まとめ

区画整理での解体費用まとめ

区画整理での解体というのは、立退料をもらう事が出来ます。
しかし、直接組合に確認をする事もトラブル防止に必須と言えます。

解体工事を行う際には、悪徳業者も存在していますので、十分に業者選びは注意しなければなりません。
違法工事や不法投棄などの違反をする業者もあるため、慎重に選択するようにしましょう。

色々な解体業者を見る際には、無料一括見積もりを利用すると、簡単に比べる事が出来ます。
また、一括見積もりに登録されている業者というのは、しっかりと審査を行いますので、悪徳業者が登録されているという事もありません。

資格を持ったアドバイザーも常駐していますので、解体工事の疑問なども丁寧に答えてくれます。
既に見積もりを行っている場合、その見積もりが正しいかなどもアドバイスをしてもらえますので、色々と相談をしてみると良いでしょう。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。