解体工事の補助金・助成金

解体工事を行う際に、補助金や助成金が出ると聞いた事はないでしょうか。
高額な取引になりますので、補助金・助成金があると、非常に助かると思います。

当ページでは、解体工事の補助金・助成金について記載していきます。

解体工事の補助金・助成金はどうなっている?

日本国内では、空き家が年々増えてきています。
空き家が増える事で、老朽化による倒壊、害虫の発生などの被害が出る可能性があります。
そのため、自治体では空き家、老朽化の進んだ家屋の解体を推奨しています。

そういった背景もあり、空き家や老朽化家屋の場合には、自治体より一部補助金・助成金が出る可能性があります。
各自治体によっても異なるため、ホームページを見るか、問い合わせをしなければなりません。
ただし、ホームページでは分かりにくい部分がありますので、役所に行って担当者に聞くのが一番確実な方法と言えます。
あくまでも地方自治体が補助金・助成金を出すもので、国から出るわけではないので注意しましょう。

補助金の種類

解体工事の補助金・助成金の種類は複数あります。
おおまかに下記のようなものが挙げられます。

老朽危険家屋解体工事補助金

長い期間、維持・管理される事なく放置された家が対象となります。
倒壊の危険があるため、自治体で一部補助金・助成金として支給する事で、解体を推奨しています。

危険廃屋解体撤去補助金

危険があると判断された家屋が対象となります。
町・市を住みやすい環境にするために、補助金・助成金を一部出して、解体工事を推奨しています。

木造住宅解体工事費補助事業

耐震診断をして、倒壊の可能性が高いと判断された場合に対象となります。
木造住宅の耐震補強工事・解体工事の一部を自治体が負担をしてくれます。

絶対に補助金・助成金が出るわけではない

絶対に補助金・助成金が出るわけではない

補助金・助成金は、上記で記載した該当物件であれば、対象となります。
しかしながら、絶対に出るというわけではありません。
各自治体によって条件が異なるため、詳細は事前に確認をする必要があります。
自治体のホームページにも掲載されていますし、実際に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

また、注意点としては、年末になると、申請期間が終了している可能性があるという事です。
そのため、早めに申請しなければ、補助金・助成金を受ける事が出来ない可能性も出てきます。

まとめ

家が集中する東京都は、空き家が多くなっているようです。
東京都の足立区や品川区、大田区は、積極的に解体工事を行っています。
もちろん、その他の各地域でも空き家の放置は深刻な問題で、補助金・助成金を出してくれる所も多くあります。

上記でも記載しましたが、各自治体によっても補助金・助成金の条件というのは異なりますので、検討している方は、事前に確認をしておくようにしましょう。

解体工事では分からない事も多いと思います。
当サイトでオススメしている「解体工事の匠」では、解体工事に関する疑問などの相談サポートも行っています。
また、依頼主のヒアリング内容に合った解体業者を複数紹介してもらえますので、自分に合った業者を見つける事が出来ます。
完全無料で利用する事が出来るので、一度相談してみる事をオススメします。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。