解体工事の道路使用許可

解体工事を行う際には、色々な重機の出入りなどが多くなり、車両を置くスペースなどを確保しなければなりません。
その車両を置く道路というのは私物ではないため、許可を取得しなければ罰則になります。

今回は、解体工事における道路使用許可について記載していきます。

解体工事における道路使用許可は必須なの?

道路使用許可を行う必要があるのは、道路上にて作業を行う場合です。
つまり、私有地が大きく、重機なども道路にはみ出る事なく作業が出来るという事であれば、道路使用許可を出す必要はありません。

しかしながら、少しでもはみ出る可能性がある場合には、道路使用許可の申請の手続きを行っておくようにしてください。
道路交通法の違反になると、解体業者に刑事罰が発生する事、解体工事の期間が遅れる事も想定されます。

道路使用許可の申請の必要性というのは、解体業者の判断に任せるようにしましょう。

解体工事の道路使用許可の手続きは誰が行うの?

解体工事の道路使用許可の手続きは誰が行うのか

解体工事の道路使用許可の手続きというのは、基本的には解体業者が行います。
法律によっても、作業者が申請を行うと定められているため、解体業者が行わなければなりません。

道路使用許可の申請は、申請書に必要事項を記載して、警察署に提出する事で完了します。
手間が掛かるという事もあって、解体業者は基本的には道路使用許可の申請費用という形で、依頼主にお金を取って代行申請をする事がほとんどです。

解体業者によっては、依頼主が行ってほしいと言われるケースもあるようです。
費用が掛かるという事もあって、自分で行うのもひとつの手段ですが、面倒という方は解体業者にお金を払って代行してもらうと良いでしょう。

解体工事の道路使用許可を自分で行って費用削減をしよう

解体工事の道路使用許可を自分で行って費用削減

解体工事の道路使用許可というのは、そこまで難しい手続きではありませんので、自分で行う事で、解体業者の価格交渉に繋げる事が出来ます。
警察署に足を運ぶ手間などはありますが、費用削減をしたいという方は、検討してみるのも良いでしょう。

先ほども記載した通り、通常は道路使用許可の申請費用という事で、お金を取る業者がほとんどです。
そのため、自分で道路使用許可を行う事で、その分の費用を削減する事が出来ます。

道路使用許可の申請書は、各地域の県警のホームページからダウンロードする事が出来ます。
「地域名+道路使用許可+申請書」と調べると出てきます。

道路使用許可のトラブル

道路使用許可のトラブル

道路使用許可によるトラブルが発生する事もあります。
それは、解体業者が、解体工事が始まるまでに許可が取得できなかったというものです。

基本的に解体業者というのは、多くの施工実績があるため、解体工事が始まる前までに許可が取得できなかったという事はありません。
しかしながら、悪徳業者も少なからずありますので、しっかりとした解体業者に依頼したい所です。

解体工事を行う際には、ほとんどの場合で道路使用許可が必要となります。
トラブルを防止するためにも、慎重に解体業者を選択するようにしましょう。

解体業者によっても、価格はもちろんですが、サービス、提案なども異なります。
色々な解体業者と比較をして、自分に合った業者を選択するようにしてください。
その際には、無料一括見積もりを利用すると、簡単に比べる事が出来ます。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。