解体工事と防音シート

解体工事に限らず、建設工事では近隣の方へのストレスを最低限に抑えることが大切になります。
工事ではどうしても騒音が発生してしまいます。
作業している方にとっては仕方の無いことかもしれませんが、近隣の方にとってその音は非常にストレスになります。

業者は、きちんと防音対策をしてもえる方を選ぶことが必要でしょう。

解体工事での騒音を漏らさないための防音シート

防音シートは、厚さが0.5ミリから1ミリのものが存在し、このシートで完全に現場を覆ってしまうと外へ漏れる騒音がかなり軽減されます。
また、周囲を覆ってしまうので、作業で発生する粉塵も漏れにくくなり、近隣の方へのストレスも少なくなります。

一般の方にしてみると、ただの布で覆われているという感覚もあるかもしれませんが、防音シートの効果は非常に高いのです。

防音シートから解体工事業者を見極めよう

防音シートなどの養生シートから解体工事業者を見極める

防音シートは、養生メッシュシートや防火シートなどとまとめて養生シートと言われています。
実は、この養生シートから解体工事業者の質を見分ける事が出来ます。

これから解体工事を計画される施主の皆さんは、次の点に注意して稼働中の現場を見せていただくと良いでしょう。

壊れたシートを使う業者は避けよう

普段何気なく歩いていると、時折破れた養生シートを使って工事をしている業者を見かける人もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは、もちろんあってはならない事です。
なぜなら、養生シートが破れていると、本来の機能を果たせないからです。
破れた箇所から音や粉塵が漏れて近隣の方の洗濯物や車や住宅の窓、庭先などを汚してしまう恐れがあります。
これでは、後々クレームになってしまいます。

作業員が現場で解体中に、瓦礫や資材を破れた部分に引っ掛けてバランスを崩してしまう可能性もあります。
高所での作業が多い工事ですので、転落してしまえば大怪我しかねません。

また、工事現場を見学させてもらう際、破れたシートではなく、どの現場も新品のシートを使っている場合も要注意です。
何度も養生シートを破損させてしまっているかもしれないと考えられるからです。

つまり、作業員の現場での物の扱いが乱暴で、度々新しいシートを買い換えている恐れがあります。
そんな雑な作業をする作業員だと、現場で近隣の方の敷地を傷つけたり、マナー違反をする可能性もあります。
新品ばかりのシートを使う業者であれば、事情を伺ってみると良いでしょう。

古くても綺麗なシートを使い続ける業者は技術が高い

良い解体工事業者を選ぶポイントは、古くても破損の無い綺麗な養生シートを使っているかどうかです。
何度も使い続けている汚れはあっても、穴が全く無い養生シートを使っているという事は、その業者がシートに注意しながら作業をしている事が伺えます。
つまり、工事技術が高い業者である可能性が高いのです。

解体工事業者は、スピード以上に丁寧な仕事をする方を選ぶと、施主や近隣の方とも上手くいく事が多いと言えます。

シートに描かれた会社名をチェックしよう

解体工事業者を選ぶ際、シートに会社名が描かれているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。
会社名を工事現場で公表している会社は、クレームが少なく解体工事に自信を持って取り組んでいる会社が多いです。

また、養生シートは破れたりするので消耗品になりますが、それをわざわざ会社名入りの物を使うのは、その会社が儲かっているからです。
儲かっている会社では、職人さんが沢山の工事を請け負うことが多いので、技術も高く新人教育もしっかりされていると判断できます。

工事に対する意識が高い業者であるとパッと見て分かりやすいので、判断材料の一つにすると良いでしょう。

解体工事での防音対策には防音パネルもある

解体工事での防音対策には防音パネルもある

解体工事での防音対策には、防音シートだけでなく防音パネルもあります。
防音パネルとは、シートが布状のものであるのに対して板状になった頑丈な物です。
これはビルなどの大きな建物の解体工事の場合に使われる事が多く、防音シートよりも密度が高くて、音が漏れにくい素材になっています。

ただ、防音シートよりも値段が高いため、一般の家庭での解体工事では防音パネルを使われる事はほとんどありません。
しかし、防音対策が他にも色々ある事は覚えておいて良いと思います。

防音シートから良い解体業者を探し出そう

防音シートから良い解体業者を探し出そう

先述したように、防音シートなどの養生シートを見れば、その業者の意識の高さを測る事が出来ます。
工事業者の中には、安全面や近隣対策面での意識が低い業者も多々います。

近年では工事中の大きな事故も起きており、そういった意識が改善されつつありますが、全ての業者がそうであるとは限りません。
自分たちの所有地で事故が起きてしまったり、近隣の方からクレームが起きてご近所付き合いがし辛くなるといった事が起きないように、良質な業者を探すようにしましょう。

解体工事と防音シートのまとめ

解体工事と防音シートのまとめ

解体工事は、既存の建物を壊す作業がほとんどになります。
ですので、建物の構造に関わらず、どうしても音が発生してしまいます。

近隣の方は、工事中も変わらず自分たちの住まいで生活しますが、どうしても工事中はストレスが溜まってしまいます。
そのストレスを少しでも軽減するための道具が防音シートです。

現場の作業員が、近隣の方への配慮をして防音シートを使っているかどうかは、施主である皆さんがしっかりと見極めるようにしましょう。
もし心配なことがあれば、業者に相談して防音対策を徹底するようにしてくださいね。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。