解体工事と美容室

美容室を経営されている方やこれから経営される方は、お店を閉める時のことは考えてありますか?
きっと、出来ればそんな事は考えたくないという方が多いでしょう。
ですが、万が一お店を閉めたり、移転したいする場合に慌ててしまわないように、今のうちに必要なことは知っておいた方がよいと思います。
今回は、美容室を解体する時にかかる費用や費用を節約するポイント、業者の選び方をご説明します。

美容室解体工事の費用のお話

美容室を解体する際に気を付けなければならない事があります。
それは、テナントを借りて美容室を経営していた場合です。

この場合、お店を閉める際にはテナントを借りた管理会社の希望通りに返却しなければなりません。
勝手に解体して管理会社を困らせることが無いように、管理者としっかりと打ち合わせをして解体計画を立てることが大切です。

この時、管理者が原状回帰での返却か、スケルトンでの返却を希望するかで解体費用も少しずつ変わってきますので、きちんと確認しておきましょう。

美容室解体工事費用の相場

美容室解体工事費用の相場は、坪単価7,000円~14,000円が相場です。

美容室の解体工事は飲食店のように複雑な造作が少ないため、その分解体の手間が省けて少し安くなります。
ただ、現場の接道が狭かったり、エレベーターの無い場所だったりすると作業員を増やして工事を行うため、その分費用が高くなる恐れもあります。
自分の美容室がある場所を見て、大体どのくらいかかるのかをイメージしておくことも大切でしょう。

見積もりが安くなるポイント・高くなるポイント

先ほど少し説明しましたが、解体工事では見積もりが安くなるポイントと高くなるポイントがあります。

ここで幾つか例をご紹介します。
例えば、間仕切りや造作物が少ないと解体工事が複雑になら無いため、工事費も安く抑えられます。

飲食店などのように、無煙ロースターや排気ダクトが多い店舗は、それらの撤去作業もあり、見積もりが高くなります。
また、個室や小上がりがあると、さらに解体工事費用が高くなります。
先述したように美容室がある場所によっては、作業員を増やしたり、重機の使用を増やさなければならず、その分の費用がぐんと上がってしまう恐れもあります。

他にも、そのテナントでアスベスト含有建材がある場合は事前調査と除去工事をしなければならず、別途費用がかかってしまいます。
このアスベスト除去工事は、場所によっては数百万円かかることもあります。
これは、かなり痛い出費ですね。

以上のように、様々なポイントで解体工事費用は安くなったり高くなったりします。

機器は買取で解体費用に充てよう

これから美容室解体工事を行う方は、出来るだけ費用を抑えたい方がほとんどでは無いでしょうか。
費用を抑えるために、複数の解体業者から見積もりを依頼して相見積もりを取る人も多いと思います。

もう少し費用を抑えたいという方には、美容室で使っていた機器を買い取ってもらう事をお勧めします。
美容室営業時、シャンプー台、椅子、店頭サイン、ヘットスパ、パーマ器、ローラーボールなどの機器を使っていたと思いますが、これは事前に買取業者に相談すると良いです。
もちろん、購入時より安い金額で買い取られますが、もともと高価な設備です。
買い取ってもらって得た資金を解体工事費用に充てれば少しでも費用を抑えられると思います。
ぜひ業者と相談してみましょう。

処分するものは自分ですると解体費用が安くなる

先ほど、買い取りで解体費用を抑える方法をご紹介しましたが、他にも自分たちで不要なものを処分することで解体費用を安くする事が出来ます。
美容室営業で使っていたもので、買い取り出来なかったものは、その地域の自治体で処分してもらったり、知人に譲るなどして極力処分費用を浮かせると良いでしょう。

ただ、どうしても処分出来ないからと、山奥などに投棄するのだけは絶対にしてはいけません。
これは廃棄物を不法投棄したことになるため、発覚した時には罰金を支払うことになります。
これは法律で決められていることですので、違法行為をしないように責任持って処分しましょう。

美容室解体での業者の選び方

美容室解体での業者の選び方

美容室解体は、特に専門業者が存在するわけではありませんので、一般の解体業者に解体を依頼して構いません。
ただ、美容室の解体方法によって業者にも得手不得手があるので、その点を踏まえた上で依頼するのが良いでしょう。

建物解体か内装解体で業者の選び方も変わってくる

美容室を解体する際、建物そのものを解体するか、建物内装部分を解体するかで業者を選ぶようにしましょう。
解体業者の中にも、建物そのもの解体工事が得意な業者と内装部分の解体工事が得意な業者がいます。
テナントを借りている場合、管理者が希望する形で返却しなければならないので、その希望に合った業者に依頼する方が、より良い条件で工事をしてくれる可能性が高いです。
見積もりをお願いする際に、業者が建物と内装のどちらの解体工事が得意かを聞いて依頼すると良いでしょう。

美容室の解体は買取りや自己処理で費用を抑えよう

これから美容室の解体工事を行う方は、上記のような買い取りや自分たちでの処分で費用を抑えることをお勧めします。
特に営業時に使っていた高価な機器は処分するよりも、中古品として買い取ってもらう方が再利用にもなります。
解体工事前に処分できるものや買い取り出来るものはないかを自分たちで探し、業者にしっかりと相談してみると良いでしょう。

また、無料一括見積もりを利用して、色々な業者と比較検討する事も重要です。
解体業者によっても、数十万円の差が出る事も珍しくはありません。
無料なので、美容室の解体工事を検討している方は、利用してみると良いでしょう。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。