アスベストのレベル

アスベストにはレベルがある事をご存知でしょうか。
解体工事を行う際には、そのレベルに応じた適正な処理を行う必要があります。
工事の際に飛散リスクもありますので、近隣への影響の事を考えると、適正な処理を行ってくれる業者に依頼しなければなりません。

当ページでは、解体工事におけるアスベストのレベルについて記載していきます。

アスベストのレベルの分類

アスベストのレベルによって、身体に与える影響・危険度が異なります。
このレベルの分類は、家を解体する際の粉じんの飛散のしやすさ(発じん性)で変わります。
これは、建築業労働災害防止協会のマニュアルによって分類されています。
レベル1が一番レベルが高く、レベル3が低くなっています。

レベル1

石綿含有吹き付け材で、発じん性が非常に高く、解体工事の際には最も注意しなければなりません。
粉じん量に対応した呼吸用保護具、保護衣を適正に使用し、厳重な暴露防止対策が必要です。
また、事前調査を行い、労働基準監督署へ工事計画届、建物解体等作業届の提出をしなければなりません。
その他、都道府県庁へ特定粉じん排出等作業届、建設リサイクル法の事前届も行います。

レベル2

石綿含有保温材や耐火被覆材、断熱材で、発じん性が比較的に高く、レベル1に準じてレベルの高い暴露防止対策が必要になります。
レベル1と同様に、届出などもしなければなりません。
ただ、労働基準監督署宛の工事計画届出がない、保護具がやや簡易的なものへと変わるなどが、レベル1との違いと言えます。

レベル3

レベル1やレベル2に該当しない、成形板等の石綿含有建材で、比較的発じん性が低いと言えます。
発じんレベルに応じた、防じんマスクの仕様などの必要があります。
事前調査は必要ですが、届出は不要となります。

レベル外・適用外

レベル分けされずに、レベル外・適用外というものもあります。
このレベル外・適用外に関しては、言葉的に紛らわしいのですが、アスベストを含んだ建材のため、普通に取り外しても問題ないという事でもありません。

アスベスト撤去の費用は?

アスベスト撤去の費用

アスベスト撤去の費用ですが、レベルによって大きく変わってきます。
家の状況によっても異なるのですが、30坪程度の家の場合、レベル3で30万円程度です。
レベル1、レベル2になると、100万円単位の撤去費用が必要になります。

実際にあったトラブルの事例で、追加費用が予想以上に発生したという事が挙げられます。
解体業者に依頼する際には、徹底した調査を依頼するようにしてください。
そのためにも、信頼のおける解体業者に依頼したい所です。

アスベスト処理が適正な解体業者に依頼しよう

アスベストのレベルに応じて、適正な処理の方法、法的扱いは異なります。
しっかりとアスベストの処理をしてくれる解体業者に依頼しなければなりません。
プロだからと安心していると、思わぬトラブルになる可能性もありますので、十分に注意しましょう。

解体工事を依頼する際には、必ず複数の業者と比較検討するようにしてください。
業者によっても、価格はもちろん、工事内容・提案は異なります。
そのため、慎重に解体工事の業者を選定する必要があります。
その際には、無料一括見積もりサイトを利用する事をオススメしています。
運営会社が登録業者を厳選しているため、手抜き工事になる心配もありません。

【最大30%安くなる事も!適正価格で解体工事が可能な一括見積もり】

当サイトでオススメしている一括見積もりは「解体工事の匠」です。

【解体工事の匠が良い理由】

  • 独自の審査基準を通った全国1,000社以上の解体工事の業者の登録
  • 見積もりの見直し・価格交渉が可能
  • 年間2,000件以上の見積もり相談実績がある
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 工事の面倒な手続きも全てサポート

約1分の入力で、複数の業者と比較する事が出来て、見積もり診断なども可能です。
相談、見積もり、アフターフォローまで、完全無料で専任のスタッフが対応します。

解体工事の匠の画像

紹介してもらった業者が合わない場合、断り代行も全てサポートしてもらえます。

解体工事を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「解体工事の匠」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。
⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「解体工事の費用が62万円安くなった体験談はこちら

より正確な解体工事費用を知りたい方へ
解体工事費用の無料シミュレーション

一括見積もりにて複数業者の見積もりと比べて平均価格を調べます。